海外では美しい歯並びが当たり前

医療器具

近年、日本でも歯並びの美しさが求められるようになり、三重の矯正歯科でも治療を希望する人が年齢を問わず増えてきました。欧米では歯の矯正治療が当然に進んでおり、日本に住む外国人を対象に取ったとあるアンケートでは、日本人の歯並びの悪さを感じている割合が7割を超えるという結果も出ています。健康意識が高くとても衛生的なイメージのある国なのに、歯並びの悪さに対する意識はかなり低いとなると、これからのグローバルな社会には問題でしょう。ビジネスにおいてももっと歯並びを改善すべきという意識が出てきたことは、明るい兆しと言えます。先進国の文化的な家庭では、子供が小さい時に費用をかけて矯正歯科治療を受けさせるのが当たり前です。歯並びの悪さは財力のなさを露呈し、就職でも悪影響になるからです。そもそも異性から好意を抱かれませんし、思春期には大きなコンプレックスになるでしょう。日本でもこうした社会的意識が定着し始め、年齢を問わず矯正歯科をスタートさせる人が増えています。また近年、歯の裏側から矯正可能な装置や、自分で取り外し可能なマウスピース型矯正装置が開発され、生活に支障が出にくくなったことも影響しています。治療中の見た目の悪さを気にして躊躇していた人も、目立ちにくい装置ならトライしやすいというのがメリットです。

歯列矯正にかかる費用

気になるのは治療費ですが、歯科矯正費は自由診療のため、三重の歯科医院でも千差万別です。詳しい料金体系は医院のホームページなどで確認する必要があります。また、状態によっても治療方法によっても費用は大きく変わるため、かなり幅が出てしまうことは否めません。例えば一般的な子供の歯科矯正相場でも、乳歯列期で3万円から20万円、大人の永久歯列期で10万円から上は100万円超まで実にバラバラです。安い治療の代表格はマウスピース矯正で、程度が軽く、治療期間が短くなればなるほど費用が抑えられると言えるでしょう。気軽に始められて目立ちにくいので、現在マウスピース矯正は三重でも人気が高いのですが、マウスピース矯正で治せる場合と治せない場合とがあるので注意が必要です。矯正歯科の効果には個人差があり、せっかくおこなっても成果が得られなければそれこそ費用の無駄使いになりますので、値段だけでなく効果についても十分理解する必要があります。また、虫歯や歯周病がある場合はその治療が先ですし、取り付けたあとも都度調整費用がかかりますので、継続して発生する費用も計算しておきましょう。おおむね月1回で3千円から6千円程度になるのが一般的です。

広告募集中